【パフォーマンスシアター水と油】  

1995年 日本マイム研究所出身 じゅんじゅん(高橋淳)、ももこん(藤田桃子)、おのでらん(小野寺修二)の3人により結成。1998年よりすがぽん(須賀令奈)が加わり現在に至る。
 一言のセリフもなく、圧倒的なスピード感と自在な動きで独自のパフォーマンスを確立し、日本を始め海外でも高く評価されている。 マイムと聞くと大道芸人や[壁、綱、エスカレーター]といったイメージを思い浮かべる観客が多いが、水と油の作品に出会えば、 それだけでは語れないマイムの広がりを発見し、観客は素直に"驚き"を感じる。  また演劇、ダンスといった他の舞台芸術にも新たな刺激を与え、舞台芸術界の風雲児的存在となった。 その舞台は、静寂の中、幻想的で非日常的なシーンにコミカルでユーモア溢れるシーンを交えながら、日常の裏側へと観るものを引き込んでいく。 カンパニー作品以外にも、NHK交響楽団のコンサートマスターである篠崎史紀氏率いる室内楽団とのコラボレーションや 「愛・地球博」トヨタグループ館パビリオンデーにて、トヨタ自動車のロボットとビッグバンドと共演するなど、活動の幅を広げている。 公演活動のほかワークショップも精力的に行い、子どもから大人まで身体を使って「ソウゾウ=創造・想像」する楽しさを伝えている。
2004年 朝日新聞社主催[第2回朝日舞台芸術賞]にて『寺山修司賞』及び『キリンダンスサポート』をダブル受賞。
 
須賀令奈
/Suga Reina
 
 
東京都生まれ。
日本マイム研究所にて佐々木博康氏に師事。
1998年より「パフォーマンスシアター水と油」に所属。以後、すべての作品に出演。 これまでに国内22都市、海外9カ国22都市で公演を行う。舞台上で見せる秀逸ともいえるクールバカっぷり、 親しみやすいキャラクターで幅広い観客層から支持されている。 最近では、御徒町凧作・演出「なにげないもの」で役者デビュー。 野村萬斎演出「国盗人」、串田和美演出「ウルファウスト 08」、川村毅作・演出「路上2・3」出演など演劇界にも進出し、 マイムの枠にとらわれず幅広く活躍中。また劇場や小学校でWSを精力的に展開。2006年・2007年、キリンビール株式会社主催、 キリンダンスネットワークコミュニケーションイベントで、全国十数箇所を2年連続でまわる。2011年から文学座研究所にて特別講師を務めている。
2003年、江戸川区文化奨励賞受賞。